特急券の発売順序        2013年度からの 新番号体系 解説図
近鉄特急の指定順序の原則
 ・名伊特急の上下列車と名阪特急の名古屋発は号車番号の小さい方から。 その他は大きい方から。
 ・席番号 9 から
 ・窓側から
 ・接続列車は、なるべく同一席番
 ・デラックスシート dx は、 3a 3b 3c  から
 ・サロン・ツインは  2 から
名古屋発伊勢方面行の6両編成の禁煙席をすべて1枚づつ売るとすると
2  9 11 13 15 17 ・・・
3  9 11 13 15 17 ・・・
4  9 11 13 15 17 ・・・
6  9 11 13 15 17 ・・・
2  1 3 5 7  ※ 一部例外あり
3  1 3 5 7
4  1 3 5 7
6  1 3 5 7
   となります。
大阪発伊勢方面行の6両編成の禁煙席をすべて1枚づつ売るとすると
6  9 11 13 15 17 ・・・
4  9 11 13 15 17 ・・・
3  9 11 13 15 17 ・・・
2  9 11 13 15 17 ・・・
6  1 3 5 7
4  1 3 5 7
3  1 3 5 7
2  1 3 5 7  ※ 一部例外あり
   となります。
 2席を発売するときは、空席の奇数番号の一番順位の若い番号を隣席と2席指定します。
 3席の場合は、通路を挟んで横1列です。
 4席は、前後に2列です。
 複数席希望で、通路側ばかりしかあいていないような場合は、座席分割でもよいか確認します。
  ※券売機やネット予約の場合に、残席少数なのに指定すると満席になるときは、枚数を1枚づつにすると買えます。
 8 より若い番号の偶数番号の席は空席の可能性が大です。 もちろん、その番号を指定して買っている人がいれば別です。
 名伊特急の上下列車と名阪特急の名古屋発は大きい号車番号、その他は小さい号車番号の車両はすいています。
 ※もしも名古屋駅で 2  9 が当たったら・・・ その列車第1号の客かも・・・
 ・列車の乗り換え
  接続列車は基本的に 同一座席番号 ですが、発売状況によっては 同一番号にならない こともあります。
  伊勢中川駅 では阪伊と名伊が 号車番号が前後逆になっている ため、なるべく位置が近い号車が指定されます。
  大和八木駅での京橿から阪伊への乗換は 階段に近い号車 が指定されるようです。
 ・デラックスシート dx の、「1人席」と「窓側」
  「1人席」=A席 「通路側」=B席 「窓側」=C席
 ・車種の決定
   48番までしかない車輌 を予約したのに 22600系Ace ではなかった・・・ということがよくあります。
  運用する車輌が確定するまでの間、いちばん席数の少ない車輌の席数として 「48番」までしか発売していない ことがよくあります。
  前日の夕刻くらいに再度確認すると 実際の編成の席数 に変わっています。
  22600系Ace の場合は1号車も禁煙席ですが、あえてここを指定すると車種が確定したときに喫煙席になることがあります。
 ・どんな車輌か
 ・満席や窓側完売の列車
  朝ラッシュ時の大阪線上り列車は満席になることがありますが、前日19時頃に検索すると車種の確定により空席が出ます。
 ・予約できない席
  車椅子対応座席(90番台の座席)   乗車当日 は窓口で購入可能です。
  ほかにも発売対象外の席があります。 検索するといつもそこだけ発売済になっている席です。
 ・予約できない列車
  毎月26日に運転の 名古屋・天理間 の特急  ※ 窓口一般発売は 乗車前日 からです。
 ・資料
  号車番号   座席数から編成を調べる   座席表
back